ミュゼの剃り残しはどのくらい

ミュゼの剃り残し!どのくらいまでが許容範囲?

ミュゼ 剃り残し どのくらい

ミュゼで脱毛の施術を受ける際には、前もって自分自身でシェービングをしておく必要があります。

 

これは、カウンセリングでも伝えられる内容ですが、もし、剃り残しがあった場合には、施術を断られたり、剃り残しがある部分を避けた施術となる場合があります。
(黒くて太い毛は目立ちやすいですが、産毛の剃り残しも注意しましょう。)

剃り残しで断られる理由

剃り残しがあると施術が受けられない理由には店舗でシェービングを行うと施術に時間がかかりすぎてしまうことが挙げられます。

 

脱毛する箇所にもよりますが、シェービングには5~10分程度はかかってしまうからです。
そのことで、次の予約のお客さまを待たせることになります。

 

また、シェービング直後の肌は乾燥し、刺激に敏感な状態になります。
シェービングあとの肌は、たとえ光脱毛の施術でも肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

 

そういった理由から、ミュゼでは前もってシェービングをしていない場合には施術を断っています。
ただ、どれだけ気を付けていても、手の届きにくい箇所の場合には剃り残してしまうこともあるでしょう。

剃り残しが許される部位

実際にミュゼを利用している人からは、毛の長さが1~2mm程度であれば剃り残していても施術してもらえたという口コミがあります。
また、自己処理がしにくい部位については、剃り残しがあっても、施術前にスタッフさんがシェービングをしてくれます。

 

剃り残しが許される部位

剃り残し可能な箇所

  • 襟足
  • 背中上
  • 背中下
  • ヒップ奥

これら4ヵ所の脱毛のときは、多少の剃り残しがあっても大丈夫です!
無理に自己処理して、傷を付けてしまうまで頑張らなくてもOKです。

VIOのIラインは対象外です。
Iラインはしっかり自己処理しておきましょう。

 

とはいえ、ヒップ奥と一緒にお手入れする場合は、Iラインと一緒にシェービングしれくれる場合もあります。

剃り残しの許容範囲

1~2mmの剃り残しは許されるので、ツルツルになるまで何度も剃り、肌を傷つけてしまう心配もありません。

 

だからといって、全く剃らないで施術を受けるのはルール違反にあたります。
早く脱毛を終わらせるためにも、前もって自己処理を行い、安心してミュゼの脱毛を利用しましょう。

 


ミュゼの剃り残し まとめ

ミュゼの施術で剃り残しはどのくらいまで大丈夫かのまとめです。

施術前は自己処理でお肌メンテ!
  • ミュゼは施術前にムダ毛(産毛)の自己処理をお願いしています。
  • 全く自己処理しないで行くと、施術を断られることがあります。
  • ミュゼは完全予約制で、施術する時間だけ確保していますが、シェービングをする時間は設けていません。
  • 剃り残しが許される部位
  • ミュゼの脱毛で剃り残しが許される部位が4ヵ所あります。
  • 剃り残しが許される部位は、襟足、背中上、背中下、ヒップ奥です。
  • VIOのIラインは剃り残し対象外です。
  • 自己処理を全くしないで行くと、断られる場合があります。
  •  

    \ カウンセリング予約はこちら! /

     

     

    これらの記事も読まれています。

    ミュゼの脱毛豆知識・・・≫

    page top