介護脱毛のデメリット

希望者続出!介護脱毛のデメリットとは?メリットも解説!

介護脱毛のデメリット

皆さんは「介護脱毛」って聞いたことありますか?

 

「高齢者の脱毛?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

介護脱毛とは、将来自分が介護される側になった時に備えて、デリケートゾーン(VIO)やワキを脱毛しておくことを言います。
介護脱毛をしておく理由としてムダ毛の存在が介護する側とされる側の両方にとって障害になることも多々あったりします。

 

身体に問題なく健康で生活しているときは、介護を必要としたときのことは、なかなか意識しづらいでしょう。

 


介護脱毛をしてないと、どのような障害が待っているのでしょうか?

介護する側の障害

  • ムダ毛が邪魔してデリケートゾーンをキレイにすることが困難で大変!
  • キレイにしておかないと臭いが発生し、オムツ交換が辛くなる!
  • 介護される側の障害

  • デリケートゾーンやワキを見られるのが恥ずかしい。
  • ムダ毛(陰毛)に絡みついた排泄物や、何度も拭かれた刺激で肌トラブルを起こすことがある。
  •  

    どちらかというと、デリケートゾーンや下の世話に関する障害が多いですね。

     


     

    実際に親の介護を自ら行い、さまざまな障害にぶち当たったことがきっかけで、介護脱毛に踏み切るミドル世代も増えているそうです。

     

    介護脱毛には、こういった障害の発生を事前に防ぐことができるというメリットがあります。
    一方で介護脱毛には、「一度脱毛してしまうと元に戻せない」というデメリットもあります。

     

    将来、介護に備える目的で脱毛するつもりが、ハイジニーナ(デリケートゾーンに毛を残さずに無毛)にした場合に多いのですが、温泉や銭湯などで他の人に裸を見られた時に、珍しがられる可能性があります。

     

    確かに、ハイジニーナのほうが介護する側もされる側も楽ですが、その時が来るまでは「脱毛しなければよかった」と後悔することもあるかもしれません。
    ハイジニーナ脱毛については、あらかじめ把握しておきましょう。

     

    もし介護脱毛を希望するのであれば、デリケートゾーンやワキに白髪が生える前に済ませておくのがおすすめです。

    脱毛機はそもそも白髪など白色に反応しづらいことが多いので、早い段階で脱毛に踏み切ったほうが良いでしょう。


    将来介護のために早めに備える!?人気の医療脱毛

    VIO脱毛をするメリットは、女子力を上げるや女の子の日をストレスなく過せる!なんです。生理になると、蒸れや湿気でニオイも周囲に伝わることがあります。
    デリケードゾーンをスッキリさせておくと、衛生的にも清潔になりますしね!

     

    また将来介護のために、ハイジニーナにしなくても清潔感や衛生面を保つ意味で整えておくとよいかもしれませんね。

    おすすめの医療脱毛

    低予算で効果のある、おすすめの医療クリニックをご紹介します。
    介護脱毛に関することは、カウンセリングで確認しましょう。

     

    リアラクリニック
    VIO5回→55,000円

     

    レジーナクリニック
    VIO5回→84,000円

     

    リゼクリニック
    VIO5回→99,800円
    スタンダード月額

     

    アリシアクリニック
    VIO5回→157,500円
    アリシアクリニック

     

    クレアクリニック
    VIO3回→39,657円

    page top